葉酸の成分と体への効果について

葉酸とはビタミンの一種です。水溶性のビタミンB郡の一種になります。

最初はほうれん草から抽出されました。植物に多く含まれる成分の一つです。ビタミンとは、人体を正常に働かせる為に欠かすことができない栄養素です。健康に必要だといわれているビタミンは主に13種類です。水に溶けやすいのは水溶性ビタミンで、溶けにくい性質のものは脂溶性ビタミンに分けられています。

ビタミンB郡は、水溶性ビタミンで酵素と共に食物の分解を助けて、これらの成分の多くを燃やしてエネルギーを作り出しています。
ビタミンは葉酸の成分にたくさんありますが、他の栄養素の働きを円滑に進めるための潤滑油のような働きをしています。血液とも関係が深く他のビタミン」B郡やビタミンB12と一緒に働いています。

主にどういう働きをするかというと、DNAやRNAを構成している核酸の合成に欠かせません。

赤血球の合成やアミノ酸の合成やたんぱく質の生成や促進に作用があります。皮膚の粘膜や構内粘膜の強化にも作用します。
不足すると体調にどのような変化が現れるかというと葉酸不足は、悪性の貧血や口内炎や食欲不振や舌炎や下痢などの症状が表れます。

妊婦が不足すると、妊娠初期では胎児の細胞分裂がさかんな時期なのでこの時期に不足するのは胎児に影響を及ぼすと葉酸サプリメントの口コミサイトでもいわれています。

水溶性ビタミンなので過剰摂取しても、過剰分は腎臓から尿の中に排出されるので過剰摂取には敏感になる必要がありません。

何を食べると摂取できるかというと主に緑黄色野菜に多く含まれています。

緑色の濃い葉物を食べるといいです。食生活にたくさん取り入れるようにしましょう。摂取する時は、水に溶け出しやすく加熱で失われやすい性質なので、生の新鮮な状態で食べるようにしてスープなどの場合は溶け出したものも一緒に摂るようにしましょう。

Copyright(c) 2013 fogobrasillis.com All Rights Reserved.