水溶性コラーゲンの特徴とメリットについて

水溶性コラーゲンとは酵素などを使って低温で溶かすことによって作り出される粘り気の強いコラーゲンの水溶液のことです。
もともとコラーゲンは水に溶けないという性質をもっていますが、このように水溶性に作り変えることで様々なメリットを生み出すのです。

ちなみにこの精製の過程で重要なのは低温で溶かすということで、これにより本来の構造を変えずに抽出することが可能となっています。

重要なのがらせん構造というもので、例えば高温で溶かしてしまうとこれが壊れゼラチンという別の成分に変化してしまうのです。

その特徴はいくつかありますが、まず言えるのは不純物が極めて少ないことと純度が高いことです。

原料を洗浄して不純物を取り除いたあとに精製されることと、その作業を繰り返すことで純度が高まるという仕組みが理由となっています。

保湿性、保水性に優れているところも特徴のひとつです。

前述したように粘性が強いため、元々の特徴である水分を保持する能力が強化されています。親和性が高いため、ヒアルロン酸など他の成分ともなじみやすくなっていることもまた注目すべき特徴です。消化性が良いことも優れた特徴です。新鮮なそれほど素早く吸収されるため、精製を重ねた水溶性はより消化されやすくなっているのです。

このような特徴を活かし、主に化粧品の原料として使用されています。

物によっては粘りの強さや水分保持能力を利用し、直接塗るという使い方を打ち出した商品も存在します。肌表面で潤いを保持することにより、乾燥などから肌を守って美肌を作りだし維持するのです。
サプリメントにはあまり使われることのない形態ですので、美肌効果を求めるのであれば併用する形で取り入れるとより高いコラーゲンの効果が期待できます。

Copyright(c) 2013 fogobrasillis.com All Rights Reserved.